MacBook Pro買ってやったこと

デフォルト派なのでカスタマイズは最小限にしたい人ですが、やっぱ多少はしないわけにもいかんですな。
やり始めるとけっこういろいろやることがあって、最初なので楽しくできたけど次からはだるいかなという気もする。

というわけでメモっておこう。
とりあえずMacを買ったら基本のエントリでもあるし。

次のセットアップのために。次の次のセットアップのために。

環境設定

まずは特に別途ソフトウェアを入れたりしなくてもOSと標準ソフトウェアだけで設定できるもの。

キーリピートを速く

「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「キーボード」

「キーのリピート速度」を最大に。
これでも遅いと思う人には別途設定するソフトウェアがあるそうだけど自分的にはこれで間に合った。

Control と Command 入れ替え → やっぱやめた

「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「キーボード」→「修飾キー」

ここで入れ替え。
WindowsではCtrlとCapsを入れ替えていたのでキーの位置的に。

でもこれやったらターミナルとかVimの利用で困った。どうしたものか。
→ やっぱやめた

Windowsでも人のPCいじるときとかは入れ替えてない状態で普通に使ってたしね。大丈夫だ。
頻繁に使うターミナルとVimでは慣れた配置で問題ないわけだし。

ファンクションキー

「システム環境設定」→「キーボードとマウス」→「キーボード」

「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」の項目にチェック。
これがデフォルトでないのは微妙な気がするな。うーむ。

トラックパッドのタップでクリック

「システム環境設定」→「トラックパッド」

これはデフォルトで有効でもいい気がするんだけど、実はそんなに市民権を得てない操作なのかな。

自動ログインの無効+復帰時にパスワード要求ほか

「システム環境設定」→「セキュリティ」

参考:Security for Mac OS X 10.4

自動ログインとかなんとなく落ち着かない。
こういうセキュリティ感覚は理屈抜きの刷り込みだと思う。

離席時のロック

ファストユーザスイッチを有効に
「システム環境設定」→「アカウント」→「ログインオプション」

これも他人が同じ作業スペースにいる環境だと絶対欲しい機能だ。
自宅で作業する分にはいらないけど。

Spotlightのショートカットキーの変更

option+スペースをショートカットに。
WindowsではWindowsキー+スペースでランチャーが立ち上がるようにしてたのでこの配置がしっくりくるということで。

インストールしたソフトウェア

ATOK for Mac体験版

ことえりにガマンできず入れた。
環境設定の「言語環境」→「入力メニュー」でことえりは無効に。

近いうちに製品版買うだろうな。

MacPorts

開発者的にはこれがないと始まらない。
Google先生に聞いたらいろいろ教えてくれたが以下のページが一番わかりやすかった。

Xcode

MacPorts入れるついでに。
あとCocoaでHello Worldとかやってみたり。
しかし外部エディタにVimを登録したのに相変わらずXcode標準のテキストエディタが立ち上がるのは何故。

Firefox

メインブラウザ。
拡張入れるのがめんどいな。

Skype

仕事用。

ClamXav

一応ウィルス対策も。

vim(gvim)

入れるまでちょっと手こずったが、入れてしまえば.vimrcと.gvimrcの移植で慣れ親しんだ環境に。
カスタマイズ内容が簡単に移植できるのはテキスト設定ファイルの素敵なところだ。

Vimだけ特にいろいろ手間取ったので別途備忘録的に書く予定。

OpenOffice

スプレッドシートとかもらったMSOfficeファイル読んだりとか。

screen

なくてはならない。

zsh

使いこなせてないけど入れとくんだぜ。

GUIのSVNクライアント

VersionsとsvnXを入れてみた。

Versionsの方がUIはこなれてる気がする。
でもちょっと不安定か?シャットダウン時に終了失敗してた。

svnXはリポジトリパスとかのパス指定が野暮ったいね。

どっちが使うかはしばらく併用して判断。

とりあえずあえて入れないソフトウェア

Witch

実はアプリ切り替えた後ウィンドウ切り替えるという操作の方が好きかも。
WindowsのAlt+Tabの動作は同じアプリのウィンドウたくさんあるとワケ分からなくなるから。

QuickSilver

とりあえずランチャーとしてはSpotlightがあれば足りるような気が。
自分的に。

参考

いろんなところへのリンクがよかった。

他にもいろいろなサイトを参考にさせていただきました。感謝。

この投稿へのコメント

  1. ma2shita said on 2008年10月31日 at 4:13 PM

    QuickSilverは、一度使うとやめられませぬ。むしろSpotlightがイラネって感じになりますよ。。。。

    あと、Subversionはマルチバイトなファイル名&Mac OS X以外のOSとやりとりする場合では罠があるのでご注意。
    Mac OS Xのファイル名がUTF-8-MACなためでござい。

  2. akahige said on 2008年11月1日 at 9:43 AM

    まじすか。んじゃ一段落したら試します。>QuickSilver

    Subversionの罠も警戒しときます。情報さんくす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL