素でRSpecを使うためのRakefile

書き捨てってわけでもないけど、フレームワーク使うほどのものでもない。
ってかんじものを作るときに作ったもの。
というかGitHubのどっかからぱくってきたものですが。

# -*- encoding: utf-8 -*-
require 'rubygems'
require 'rake'
$:.unshift  File.join(File.dirname(__FILE__), "lib")

require 'rspec/core'
require 'rspec/core/rake_task'

task :default => :spec

desc "Run all specs in spec directory"
RSpec::Core::RakeTask.new(:spec)

ディレクトリ構成は

  • lib
  • spec
  • Rakefile

というものをを想定。

ちなみにGuard::RSpec使うとRakefileなしでもちゃんと全部テストしてくれるので、別にこの内容のRakefileならいらなかったんじゃないかと気がついたのはついさっきだ。

追記

しかしGitHubなどで公開する場合はこういうRakefileも欲しいか。
rake specしたとき反応がないと寂しい。

2011/08/04追記

そういやspec_helper.rbも必要だよね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL