Guard::PowでPowを更に快適に使う

Powで起動したサーバーを再起動したい時、手動で行うには以下のようにtmp/restart.txtのタイムスタンプを更新してやればよい。

touch tmp/restart.txt

Guard::Powを使うとこの再起動を自動化できる。
例えばRailsならばconfig/environment.rb等の再起動しないと変更が反映されないファイルがあるが、まさにそういったファイルを更新した際に再起動するようにできる。

使うにはインストールして

gem install guard-pow

Guardfileを作成/更新する。

guard init pow

これで作成/更新されるGuardfileの内容は以下のようになる。

guard 'pow' do
  watch('.powrc')
  watch('.powenv')
  watch('.rvmrc')
  watch('Gemfile')
  watch('Gemfile.lock')
  watch('config/application.rb')
  watch('config/environment.rb')
  watch(%r{^config/environments/.*\.rb$})
  watch(%r{^config/initializers/.*\.rb$})
end

これはRailsに最適化されているが、もちろん他のファイルを指定することもできる。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL