RubyMotion Weekだった今週

かなりの盛り上がりでGitHubには雨後の筍のように新しいプロジェクトが次々できている有様。
個人的にも昔Objective-Cで書いたものをRubyで書き直してみたりしていてRubyMotion成分濃い目のエキサイトした週だった。

正直勢いがありすぎて自分では追い切れてないが、公式ブログにリリース後一週間の熱狂が綴られていたので抄訳してみる。

RubyMotion’s Blog — What a week!

コミュニティ
  • 今日までにユーザーによる約55のRubyMotion関連リポジトリがGitHubにできている
  • GLKit/OpenGL, Facebook, Parse, cocos2d等の特殊なフィーチャーやフレームワークのサンプルデモ
  • CoreDataやUIKit等の抽象化
  • Redcar、TextMate、Vimのコード補完を含むRubyMotionサポート
  • RailsFactoryの人々によるRubyMotionに関連する諸々のトラッキングは素晴らしい仕事だ
アップデート
  • 簡単なバグ修正のために3回のアップデートを行った
  • 4つめのアップデートも週末前に予定している
エデュケーションライセンス
  • エデュケーションライセンスの問い合わせを多数受けている
  • 学生がRubyMotionを使ってくれるのは喜ばしい
  • レスポンスが遅れていてすまないが来週から順次連絡させてもらう
メンテナンス更新料
  • 購入から一年の間はアップデートとサポートは無料
  • それ以降のアップデートとサポートにはメンテナンスプログラムの更新が必要
  • 価格は今のところ新規購入の半額の$99/年を考えている
先行者ディスカウント
  • 現在行っている25%のディスカウントはあと3週間続けようと思っている

以上。
各種リンクなどは原文からどうぞ。

メンテナンス更新料の情報なども出ている。価格はまあ妥当なところかな?と思う。
それはさておきRubyMineもRubyMotionサポートはやく!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL