freeeで確定申告のメモ

弥生の青色申告からfreeeに乗り換えて初の確定申告。
ツールが変わったことでいくつか躓いた点を個人的にメモ。

不安になったので税務署で見てもらってから提出したが、これで来年からはサクッと提出だけできるはず。

[確]給与収入

いくらかある給与収入。
銀行のAPIから自動経理すると「[確]給与収入」という内容で勘定科目でサジェストされるのだが、事業とは関係のない収入なので登録の必要は無し。
給与収入は申告書作成の流れの中で源泉徴収票の通りに入力すれば良い。

最初、サジェストされるままに入力してしまったばかりに確定申告書作成の際にちょっと混乱をきたした。
課税所得の金額が少なすぎたり、給与所得控除がないため所得税額が想定より高くなるなど。

配当所得

株の配当。これも事業に関係ないので取引として入力する必要は無い。
申告書作成時に「給与以外に源泉徴収されている収入はありますか?」の項で入力。

固定資産の登録は確定申告書作成のタイミングでOK

取得した際の取引を登録しておくと、申告書作成中にその取引をもとに固定資産の登録ができる。

自分で先に固定資産として登録したせいで、取引登録したものと重複して数字がおかしくなってしまうなどの問題があった。