開発合宿2007秋@伊東レポ

10/28-30の日月火にかけて伊豆の伊東に開発合宿に行ってきました。
メンバーは前の職場で一緒に働いていたF.Ko-ji氏と前の前の職場で一緒に働いていたmoongiftの中の人です。

今回の合宿は退職の時にF.Ko-ji氏に「合宿行きましょう!」とプッシュされたのが始まりで企画。
そしてmoongift氏が「合宿」というキーワードを某所のブログにぽつりと書いていたのを思いだし拉致。

場所は以前から気になっていた山喜旅館に行ってきました。

合宿の環境

山喜旅館
建物は大分年季が入ってますが、料理はおいしく温泉は見事な掛け流しなのでいいカンジです。
てかお湯の流れ方がかなり贅沢です。
これで宿泊の費用は一泊8400円となかなかリーズナブル。

そして忘れちゃならない無線LAN完備。
ただし暗号化ナシの無線だったのがちょっと怖かったですが。

開発はちゃぶ台と座椅子で各自ノートPCとディスプレイを置いてデュアルディスプレイでやりました。

合宿の様子

朝9:00前に自宅を出てmoongift氏のウィッシュで伊東へ向けて発進。
早く出たおかげで特に目立った渋滞にも遭わずに順調に伊東の手前まで到着。
11:30くらいからご飯を食べつつアイデアを練ったりして1時間ちょっと過ごした後で宿へ。

宿では到着後すぐに環境をセットアップして作業開始。
本来は15:00チェックインのところ、13:00くらいに作業はじめさせてもらいました。

それからはだいたい半日ごとに報告会をしつつ、それ以外の時間は各自黙々と作業。
時々それぞれ飲み物やお菓子の買い出しや風呂、散歩などを思い思いに。

途中の報告会で他の二人の作っているものがどんどん形になっていくのにプレッシャー。
F.Ko-ji氏がタイトルロゴまで作っていたのを見たときには「こいつ!戦い慣れしている!」とか思いました。
ちなみに自分は地味にバックグラウンドを作っていたので途中まで画面とか一切なし。

またMac使いのmoongift氏が早速OSをLeopardにして来ていたのですが、必要なライブラリのコンパイルなどに手こずっており、あやうくLeopard乗りこなし合宿になるのではないかと心配させられました。

全体的にガチッとカンヅメなかんじだったのですが、睡眠は割ときちんと取って徹夜とかはなし。
私自身「このままでは形にならん」と二日目は徹夜しようかと思っていたのですが、気合いを入れたら思いの外作業が順調に進んだので普通に寝ました。
てか初日と二日目の前半はやっぱり体調が本調子でなかったのかなと思います。

そして最終日には全員それなりに形になったものが出来ており、なんとか格好のついた合宿になったようです。

それぞれ作ってたもの

実際のものは今月末くらいにはリリースされるはずなので、だいたいのかんじだけ。

F.Ko-ji氏はPHPで開発。
RSSやAPIを駆使して、とある種類の情報を見える化するツールを作っていました。
どっちかと言うとネタ寄りなかんじのものですが、しっかり作り込めればけっこう面白いものになりそうです。
それにしても各種APIの使いこなしやさくっとデザインを作ってしまう辺りはさすが。

moongift氏はRails。
ベイジアンフィルタを使って何かを作ってました。
ベイジアンフィルタは主にスパム判定に使われていますが、それ以外にも自動のカテゴリ分けなどに使えるものなんですね。
使いどころはいろいろありそうで興味深かった。
というかいろいろと人の知らないライブラリやソフトウェアを知っているところはさすが。

私はRailsで趣味のアウトドアに関するサービスを組んでました。
完成するとけっこう実用的なサイトができあがるはずですが、さてどうなることやらと言ったところ。
技術的にはBackgrounDrbとか使ってバックグラウンドジョブをうまいこと管理する仕組みを試せたのが収穫でした。
そして後半になってやっとエンジンがかかってくるところがさすがと言えましょう。

ふりかえり

よかったこと
  • 宿のごはんがよかった
  • やはり風呂重要 24時間重要 アイデアもわく
  • 平日なのですいててよかった
  • 到着後すぐの開始が肝要
  • デュアルディスプレイ
  • RSSチェックおよびメールチェック禁止(ちょっとだけやってる人もいたけど)
  • 開発以外やることのない環境というのは作業がはかどる
  • 他の人からすぐに意見をもらえるのはいい(ひとりでやってると投げそう)
  • 報告会はよい
  • 他の人が黙々と作業しているので、自分もやる気が出る
  • 報告会で他の人ができているといい意味でプレッシャー
  • 座椅子最高(F.Ko-ji氏)
  • 他の人の開発の仕方が見られてよかった(メモ取ることとか)
わるかったこと
  • 作るための土台をしっかりしておかないと(ライブラリ等)
  • 昼飯の場所とかチェックしておいたらよかった(ちょっとさまよった)
  • 座椅子腰痛い(moongift)
  • 風呂がぬるい(自分以外)
  • 体調不良
今度やるとしたら
  • 生活リズムが違うので作業部屋と寝る部屋を分けたい
  • 待ち合わせ場所を遠い人に配慮(途中合流とか)

その他

出発の朝の天気が台風一過のやばいくらいいい天気でした。
最近まれに見るクッキリ富士山を見たときには合宿中止を宣言したくなったほどです。

それと先週から引いていた風邪を若干ひきずったまま参加していたのですが、F.Ko-ji氏にそれを移してしまったようで申し訳なかった。
体調管理はしっかりしておきたいものです。こういうときに限らずにですが。

関連リンク

開発合宿レポート@伊東温泉 – FFTT

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL