iPhone開発本の訳書2冊 はじめてのiPhoneプログラミングが激しくオススメ

読んだのでちょっとレビュー。

はじめてのiPhoneプログラミング
はじめてのiPhoneプログラミング
デイヴ・マーク Dave Mark ジェフ・ラマーチ Jeff LaMarche
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 325
おすすめ度の平均: 5.0

5 非常に分かりやすい
5 真打ち登場。

iPhone開発初心者向けの本ではあるが、それなりに経験を積んだプログラミング経験者を想定読者としている。
そのためiPhone開発からプログラミングを始めようとする人にはかなり敷居が高いと思うが、すでにObjective-Cや他の言語に親しんでいる人にとっては無駄のない内容となっている。

帯にある「iPhoneアプリ開発は、この一冊で十分です。」という文句は伊達じゃない。
訳が時々変だったり中途半端だったりするけど全体的にかなり読みやすい。

内容は非常に分かりやすく、かつしっかりしている。
チュートリアル的に進んでいくが通り一遍のチュートリアルではなく、要所要所で理屈を説明しつつ、普通はテンプレートを使えば済むところをあえてイチから作ってみるなど、仕組みからしっかり理解させるような作りになっている。

この本を最後まで読んで手を動かせばもう初心者の域から脱したと言えると思う。
まあまだ自分は最後まで行ってないんですけどね。
でも半分くらいまでよんで大分いろいろ分かったし、Objective-C自体にもけっこう慣れてきた。

今のところ初心者本としてはダントツの出来と言える本。

サンプルソースや素材は以下のサイトからダウンロードできる。

iPhoneデベロッパーズクックブック
iPhone デベロッパーズ クックブック
Erica Sadun
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 32846
おすすめ度の平均: 3.5

3 初心者にはおすすめできない
5 なぜだろう?評判悪いですね
4 翻訳は?だが、内容はやはりよい
1 翻訳に落胆
4 中級者向け

こちらはクックブック。
逆引きリファレンス的な内容を期待していたらちょっと的外れな内容だった。
中級者以上が自分のやりたいことのヒントを得るにはいい本なんだろう。

初心者には内容を理解するのがなかなかキツイ。
ソースコードの書き方もmain.mに全部書いちゃうとかあんまり模範的ではないスタイルで書いている。

というわけでiPhone開発を学ぶために読むのはオススメできないと思う。
ある程度わかってくるといろいろとコンパクトなまとめになっていることがわかるのだが。

アンドキュメンテッドなAPIを使うことのメリットとデメリットのトレードオフが繰り返し説明されていて、そういうiPhone開発者のスタイルが感じられたりするのはいいかも。

なお本文内のサンプルコードは抜粋で全体像がよくわからなかったりするので内容が理解できない場合は全体を以下のサイトから落とした方がよい。

現在3.0対応版が執筆中&3.0になっていろいろ死んだ内容もあるっぽいので、いずれにしろ今買うのは待った方がいいかも。
7/8から3.0対応のサンプルコードがgithubで公開されているようで、フィードバック募集中とのこと。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL