PHPのユーザビリティ

ここ数ヶ月は仕事でPHPを触っていて、何かもどかしいような気持ちでコードを書いていた。
それでもきれいな(と自分では思ってる)コードを書き上げたときには達成感もしっかりあったりするのだが、その達成感もなんか「縛りの中で難しいことを成し遂げた!」みたいな要素が多少ながら混じっているようであった。

そんなこんなでもやもやの原因はなんだろうと思い続けて昨日思い至ったのが「PHPはプログラマにとってのユーザビリティが低い」ということだった。
実はかなりの上級者向け言語なのかも知れないなあ。

これを書いているたった今ぱっと思いつくだけでも以下のようなよくわからない点がある。

* array_mapとかarray_walkとか与える配列と関数の順番が関数ごとにまちまち
* 標準関数はアンダーバー区切りなのにキャメルケースを採用するコーディング規約が多い
* PHP5になってもPHP4互換を保つために無理をしているライブラリが多い

こうしたものがプログラマを迷わせたり、もっと簡単なやり方があるのに採用させてくれないとか普及が進まないとか言う原因になっていると考えられる。
ちゃんと考えれば確実にもっと出てくる。

とはいえ無名関数のサポートとかがんばっているので超使いやすくて便利なライブラリやフレームワークが出てくればもっとプログラマに優しくなってくれるかもわからない。
そういうものを作るのもやりがいのある仕事かも知れないね。

最後にユーザビリティ面でいいところもあげておくと、それは運用が簡単なところ。
ウェブサーバにインストールしたらさっくり動くのはとてもいいところだ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL