BEST SOFTWARE WRITING読んでます

Joel on Softwareも非常に面白かったので、こちらも楽しみにしていた。
先日書店で並んでいるのを早速買ってきて読んでいる。

「ソフトウェア開発に関する珠玉のエッセイ集」と帯のあおりにあるように、この本はジョエル氏の選んだ29編の短編エッセイ(中にはおかしなマンガも含まれている)からなっている。
著者は26人もいる。テーマもいろいろだ。

まだ全部は読んでいないが、それぞれの長さがそれほどないので、ちょっとした空き時間につまみ食いのように読むことができる。
つまみ食いがなかなか止まらなくなって次々と読み進めてしまうのが玉に瑕なのだが。

ソフトウェア開発に携わっているエンジニアはもちろん、マネジメントをしている人が読んでも得るところがあると思う。(逆にマネジメントに関わったことがないとよくわからんトピックもあるかもしれない)
私自身、物作りに携わる開発者としてよい刺激を受けることができた。
単純に読み物として面白い。それだけでも十分に読む価値がある。

それにしてもホワイ・ザ・ラッキースティフの味わいは異常。


BEST SOFTWARE WRITING


BEST SOFTWARE WRITING

posted with
amazlet

on 08.02.25

Joel Spolsky 青木 靖
翔泳社 (2008/02/21)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。