TitaniumのJSSという機能

1.5.1から追加された機能で、オブジェクトの外見をJavaScript StyleSheetでカスタマイズできる。 コンパイルされたファイルを消してビルドし直さないと修正が反映されないという大きな問題があったが、1.6 […]

JavaScriptのクラス定義の小技

素のJavaScriptでクラスを定義しようとするとprototypeってたくさん書くのがめんどくさい!って思ってたけど、いろんなソース見てたらprototypeにオブジェクトを渡すと言う小技を発見した。 ClassA […]

Windowの処理をオブジェクトにラッピングする

createWindowしたときにurlで指定して呼び出すファイルの書き方について。 サンプルなどでは処理をべた書きしていくが、実際はひとつオブジェクトを定義して、そこにプロパティや処理をくっつけて行った方が収まりがいい […]

JavaScriptの配列の反復メソッド

mapやfilterといったメソッドを使うと配列の処理をループじゃなくてクロージャですっきり書けるようになるので便利。 リファクタリングで言うところの「ループからコレクションクロージャメソッドへ」 ただしJavaScri […]

テストやデバッグのために知っておきたいTitaniumのオブジェクトの特徴

それは JavaScript側のオブジェクトはネイティブのオブジェクトの情報を全て持っているわけではない。 ということ。 以下のようにメソッド呼び出しをトリガーに必要に応じてとってくるかんじのようだ。 view = Ti […]

開発時のビルドでモジュール読み込みにかかる時間をなくす

モジュールを使うときはtiapp.xmlを以下のように編集するのだが to.brass.nai この状態でビルドすると何をしているのかわからないが、5秒から8秒くらい余計にかかる。 通常は1秒〜3秒(注:すでに一回以上ビ […]

Ti.Appにオブジェクトをくっつけてグローバル変数的に使う

Ti.Appはグローバルなオブジェクトなので、これにメソッドやプロパティをくっつけるとTi.Appを介してどこからでも使えるようになる。 Ti.Appってそうやって使っていいものなのかという疑問は残るが、いろんなソース片 […]

CoffeeScriptの@について再び

コンテキストによってthisの内容が変わるという問題を回避するために必要な that = this 実はこれなしでも済む記法がCoffeeScriptには存在することに気がついた。 「=>」(fat arrow) 手元の […]