Mash up Award 3rd作品応募

温泉ランク.com

昨日のことになりますが、↑とりあえず出しました。

締め切り直前はひとまずの仕上げとして公開環境をセットアップして、作りかけの見苦しいところを整えたりとかいったことをやってました。
まだまだいろいろやりたかったんだけども、一区切りと言うことで。
区切りがつかずにこういう作業をするタイミングを逃してズルズル行ってお蔵入りとか割とあったりするので、締め切りがあるというのはやっぱ大切ですね。

Mash up Awardは一回出した作品を次も出せるようなので、こういう「とりあえず公開へ」という気持ちの切り替えもしやすかった。
これはMash up Awardのいいところですね。次回以降もこの姿勢は続けていただきたい。
やっぱサービスは運用してなんぼというか、運用を始めると自分の頭だけで考えてたのに比べてほんとにいろいろ出てくるし、 そこから新しい価値が生まれてきたりする。
やっぱサービスは運用してなんぼですね。

今回出した温泉ランク.comに関してはテーマが自分の好きな温泉に関するものなので、運用しつつ今後もちょくちょくいじっていきたいと思ってます。
何よりこのサイトは自分にとってドッグフードを食べるのが苦にならないところが素晴らしい。

こういう自分の欲しいものを作るというのはモチベーションとしてわかりやすくて良いなぁ、と常々思ってます。
「これ作ったら儲かりそう」とか「これ作ったら人気でそう」とかって自分的にはあんまりモチベーションにならないんだよな。
「面白そう」はまだマシだけど「欲しい」よりはやっぱり弱い。「欲しい」一番。

もちろん自分の欲しいものを作って、それが面白くて人気が出てしかも儲かっちゃったりしたらそりゃもうベストです。

この投稿へのコメント

  1. yanagi said on 2007年9月11日 at 1:24 PM

    「よろしい、ならば温泉だ。」がいい味を出してると思いました。

  2. takeda said on 2007年9月11日 at 5:06 PM

    一度も温泉に行ったことのない私が、温泉に行かざるをえないと思ってしまうような
    サービスへと発展してくれることを期待しております。

  3. shibata said on 2007年9月11日 at 8:32 PM

    地元の温泉がワンツーフィニッシュして嬉しいです。

  4. akahige said on 2007年9月12日 at 12:13 AM

    >yanagi
    いかにも温泉が大好きなかんじでしょう。

    >takeda
    ありがとうございます。
    というか温泉は行った方がいいぞ!

    >shibata
    群馬はなにげに強いです。
    温泉以外にもいろいろあるし。