ブロックエディタで段落や改行が消える時の対処

2020-06-22
2020-07-22

古いエディタ系プラグインを削除する

このブログをクラシックエディタからブロックエディタに移行した直後、段落のpタグが消えるので「ナンダコレハ」としばらく悩んだが、プラグインのJP Markdownを無効化したら直った。
ブロックエディタではもともとMarkdownが使えるので不要であるし、ブロックエディタを使い始めた時点で消そうと思っていたので特に問題はない。

このような問題が起きる時は多分既存のエディタ拡張系プラグインが悪さをしているので、プラグインを削除するかブロックエディタ対応のバージョンに乗り換えると良い。

原因

ブロックエディタ以前はwpautop関数によってpタグやbrタグが本文に追加されていたが、ブロックエディタではこれが無効になっている。

代わりにブロックがその役割を担うのだが、古いプラグインがブロックの動作を阻害することで、pタグやbrタグが付加されないまま保存されてしまうことになるという訳。

よろしくない対処法

ググったら対処法として紹介されていたものだが、以下のコードをfunctions.phpに書くとブロックエディタを利用していてもwpautopを有効にすることができる。

add_filter('the_content', 'wpautop');

しかしこれはプラグインとブロックエディタの動作が衝突しておかしくなったところを無理やり上塗りするような方法で、筋の良い対処方法とは言えないのでやめておいた方がいい。

Profile

フルスタック気味のフリーランスプログラマー。

どちらかと言うと得意はインフラ構築とサーバーサイドプログラミングですが、フロントエンドもぼちぼちやっています。

最近の興味範囲はWordPress、AWS、サーバーレス、UIデザイン。

愛車はセロー。カメラはペンタックス。旅好きです。横浜在住。