AndroidとiOSのバージョンごとのシェア雑感

2021-05-25
2021-05-25

Android検証機が欲しいなと思っている今日このごろ。

色々見ているとつよつよスペックの最新機種に目を奪われてしまうけど、検証目的なら型落ちのそこそこスペックのものにした方がパフォーマンス最適化のためにはいいかもな、などと思うなど。

ただAndroidの各バージョンはリリースから3年から4年でサポート終了してしまうので、あまり古いものは微妙でもある。

Androidのバージョンごとのシェア

そのあたりから脱線してバージョンごとのシェアを調べてみると、セキュリティアップデートからも外れている7系以前のシェアが合計で40%を超えてる状況(2020年Google調べ)だった。
これってあんまりよくないのでは。解決すべき課題なのでは。

でも自分の管理しているサイトのGoogle Analyticsを見てみると7系以前は20%程度なので1年でだいぶ改善されたのかもしれない。まあそれでも多いけど。

参考: Androidのバージョン履歴

iOSのバージョンごとのシェア

iOSのバージョンごとのシェアはどうなんだろうと見てみたらサポート外のバージョンは2%(2021年2月Apple調べ)に抑えられている。すごい。

って思ったけどAppStoreにアクセスしたiOSデバイスのデータをもとに算出されているらしいので、実態を反映してなさそう。
古いバージョンだとアップデートもないしAppStore行かないよね。

そこでこちらも自分の管理しているサイトのGoogle Analyticsを見てみたら、14系が90%超えていた。13系と合わせて94%くらいかな。
どうやらそんなに乖離してなさそうか。

実態を反映してなさそうというのは間違いでした。ごめんなさい。

参考: iOS バージョン別シェアを発表。日本国内のシェア・全体の推移は?

Profile

フルスタック気味のフリーランスプログラマー。

どちらかと言うと得意はインフラ構築とサーバーサイドプログラミングですが、フロントエンドもぼちぼちやっています。

最近の興味範囲はWordPress、AWS、サーバーレス、UIデザイン。

愛車はセロー。カメラはペンタックス。旅好きです。横浜在住。