Windows10にFlutterのインストール

2021-06-16
2021-06-16

意外とてこずったのでちょっと整理。
FlutterそのものじゃなくてAndroid SDKやJava周りでちょっとハマりが発生した。

基本は公式の手順でいいが、Android Studioを先に入れておいた方が分かりがいいかなと。

また最初はWSL2のUbuntuに入れようかと思って少し頑張ったけど、色々とこんがらがってくるのでまずはおとなしくPowerShell使ってWindows本体に入れることにした。

  • Android Studioを先に入れる
  • 環境変数のJAVA_HOMEを追加してAndroid Studio付属のJREのパスを指定する
  • Android StudioのSDK Manager設定
  • Flutterをインストール
  • 環境変数のPathにflutter/binを追加
  • flutter doctor
  • flutter doctor --android-licenses
  • Android Studio (not installed)の解決
  • flutter doctor

Android Studioを先に入れる

Android Studio公式の手順通りにexeをダウンロードしてインストール。

付属のSDK ManagerでSDKを管理するようなのでIDEとして使うつもりがなくても入れる。

インストールパスはデフォルトのまま以下の通り。

C:\Program Files\Android\Android Studio

環境変数のJAVA_HOMEを追加してAndroid Studio付属のJREのパスを指定する

Windowsキーを押して「環境変数」と入力すると環境変数を編集する画面に行けるので、そこでJAVA_HOMEを追加。

C:\Program Files\Android\Android Studio\jre

PowerShellを開いていた場合は環境変数反映のためにPowerShellを再起動する。

ちなみに最初は scoop install openjdk で入れたJDKを使おうとして flutter doctor --android-licenses がうまく動かなくてかなりハマってしまった。sdkmanager --licensesもうまくいかない。
どうもAndroid Studio付属のjreを使うのが肝だったぽい。

Java系開発環境使うときいつもJAVA_HOMEでハマってる気がする。ハマり続けてそろそろ四半世紀が経過しそうだ。

Android StudioのSDK Manager設定

Android Studioの初期画面からConfigureを開いて「SDK Tools」を以下のようにチェック。

Flutterをインストール

zipから入れようとすると解凍にめちゃめちゃ時間がかかるのでgitで入れたほうが良い。

以下の場所にgit cloneする。

cd C:\Users\akahi\AppData\Local
git clone https://github.com/flutter/flutter.git -b stable

環境変数のPathにflutter/binを追加

以下のパスを追加する。

C:\Users\akahi\AppData\Local\flutter\bin

環境変数反映のためにPowerShellを再起動する。
where.exeで確認してパラパラとflutterとdartが表示されればOK。

where.exe flutter dart

flutter doctor

インストール状況の確認。

PS C:\Users\akahi> flutter.bat doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[√] Flutter (Channel stable, 2.2.2, on Microsoft Windows [Version 10.0.19042.1052], locale ja-JP)
[!] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
    ! Some Android licenses not accepted.  To resolve this, run: flutter doctor --android-licenses
[√] Chrome - develop for the web
[!] Android Studio (not installed)
[√] VS Code (version 1.57.0)
[√] Connected device (3 available)

! Doctor found issues in 2 categories.

Android toolchainとAndroid Studioのところにビックリマークが出てしまう。

flutter doctor --android-licenses

Android toolchainに関してはエラーメッセージの注意書きの通りにコマンドを実行すればOK。

なおScoopで入れたOpenJDKを使っていた時は以下のエラーが出て詰んだ。

Exception in thread "main" java.lang.NoClassDefFoundError: javax/xml/bind/annotation/XmlSchema

なんかJDKのバージョンの問題らしい。

Android Studio (not installed)の解決

インストールされてるがなと思いつつStack Overflowにあった解法を実行。

flutter config --android-studio-dir="C:\Program Files\Android\Android Studio"

OK。

flutter doctor

PS C:\Users\akahi> flutter doctor
Doctor summary (to see all details, run flutter doctor -v):
[√] Flutter (Channel stable, 2.2.2, on Microsoft Windows [Version 10.0.19042.1052], locale ja-JP)
[√] Android toolchain - develop for Android devices (Android SDK version 30.0.3)
[√] Chrome - develop for the web
[√] Android Studio
[√] VS Code (version 1.57.0)
[√] Connected device (2 available)

Clear!(アメリカの刑事ドラマで容疑者宅に押し入るとき風に)

Profile

フルスタック気味のフリーランスプログラマー。

どちらかと言うと得意はインフラ構築とサーバーサイドプログラミングですが、フロントエンドもぼちぼちやっています。

最近の興味範囲はWordPress、AWS、サーバーレス、UIデザイン。

愛車はセロー。カメラはペンタックス。旅好きです。横浜在住。