身近な幸せのための20%ルール

2010-06-05
2011-01-08
かなり古い記事です。現在も有効な内容であるかどうか分かりませんのでご注意ください。

20%ルールというと何か新しくてすごいものを作り出さないといけないようなイメージがあったりするけど、別にそんな気張る必要もないんだろうなと思った今日この頃。
もっとちょっとしたことを改善するためとか、なんというか明日のために。

例えばその日やった仕事について軽くメモをまとめるとか、仕事を楽にしてくれそうなツールを試してみるとか、やっつけ仕事の内製ツールをちょっとイケてるかんじにしてみたりとか。

つい先日までけっこう忙しい職場にしばらくいて、そういうことをしていかないとずっと忙しいままだと思ったら、20%ルールってそれでいいんかなと頭に浮かんできた次第。
自分はそういう必要を感じたので空気読まずに業務改善をせっせとやってた気がしますが、結果的にはいろいろ幸せにできたしスピードも速めることができたと思ってます。

でもパフォーマンス的には地味なことばかりだったので社内ウケはよくなかったかもね!

うん、すまない。
20%どころでもなかった。

Profile

フルスタック気味のフリーランスプログラマー。

どちらかと言うと得意はインフラ構築とサーバーサイドプログラミングですが、フロントエンドもぼちぼちやっています。

最近の興味範囲はWordPress、AWS、サーバーレス、UIデザイン。

愛車はセロー。カメラはペンタックス。旅好きです。横浜在住。